「想いのとどくノートブック」展にて

前の日曜日は、近江八幡にある尾賀商店さんの中のギャラリー咲sacra楽さん
で今日まで開催の、「想いのとどくノートブック」原画展でライブをさせていただきました。

昔の大きな町屋を風合いはそのままに改装して、手作り雑貨やはんこ職人さんの
アトリエや喫茶のスペースもあり、店内にあちこちある好きな席でお茶やご飯を
いただける尾賀商店さんは以前からずっと気になっていた場所だったので、
この機会はうれしすぎるものでした!

「想いのとどくノートブック」の原画を描かれたyossan(よっさん)とはライブ当日に
初めてお会いしたのですが、そうとは思えないほど気さくに話してくださって、
緊張していたこころがすっとほどけるようでした。

そしてこの日だけ展覧会に来られた、文章を手掛けられた春名金魚さん、そして
今回の作品のイメージのサブレを焼かれたGentle'co(ジェントレコ)さんともお会いできて、ライブが始まる前からわくわくうれしい気持ちでいっぱいでした。
d0168667_11523483.jpg

うれしい集合写真

ライブでは、うたの中の世界を想像してもらえたらいいな、と思いながら、
ゆっくりと演奏させてもらいました。 やさしい色使いの原画や、ステンドグラスや
聴いてくださるみなさんのあたたかい表情、そしてギャラリーの白い心地よい
空気の中歌えて、幸せでした~
お子さまから大人の方にまで楽しんでいただけたようで、よかったです。

聴いてくださったみなさま、yossan、春名金魚さん、ジェントレコさん、咲楽・翠さん
尾賀商店さん、ありがとうございました!
d0168667_1211989.jpg



ライブが終わってほっとして、翠さんとゆっくり散策した帰り道、前に草津でされて
いた手作り品のお店の事や、今のお店の事を話してくださいました。

お店であつかう物を通して、その作家さんやお客さまひとりひとりと繋がれることも
大切。 でもそこから一歩ふみだして、人と人との繋がりの機会を作りたい、
という想いで尾賀商店さんでお店を開かれたそうです。

いつもニコニコと元気でパワフルな翠さん。そんな翠さんの周りに、みんなが集まり
たくなるのは、お話していて感じます。

そしてその想いがそのまま形になって、たくさんの出会いと繋がりをつくられていて
そのなかの一つが、今回のライブだったのでした。

もともとは、翠さんが私の父のお知り合いで、先月初めて伺った時にギタレレと
お花の事もお話させていただいて、いつかここで何かできたら、、、と思っていた
のが、想像より早くに実現して、とても充実した時間を過ごさせていただいて
感謝しています。

これからも、今回いただいた出会いをたいせつにしてゆきたいです。
[PR]
by picnique2 | 2012-06-27 12:18 | 音楽
<< きいろの夏になる ひとのわ >>